銀行からお金を借りる方法 事業の運転資金に!


事業用の急な資金・お金を借りるための事業者ローン(ビジネスローン)や大手銀行・大手銀行系カードローン(大手消費者金融)などの一覧になります。

 

ビジネス事業者ローン 銀行系カードローン

 

⇒詳細はこちら

 

⇒詳細はこちら

 

即日融資キャッシング 総合人気ランキング

 

⇒詳細はこちら

 

⇒詳細はこちら

 

 

 

 

もし、あなたが

低金利で会社に必要なお金を借りたかったり

会社を設立したけど軌道にのせるまでの運転資金や設備投資・つなぎ資金が必要なとき

事業を拡大するためにお金を借りたいときなど

 

そんな時のお金を借りる為の情報を当サイトではまとめています。

 

 

まず、お金を借りる方法として銀行カードローンは賃金法の適用外(総量規制の対象外)のため年収三分の一以上のお金を借りることが低金利でできますし、事業者向けローン(ビジネスローン)なども、総量規制の対象外で無担保・無保証でお金を借りることができます。

 

また、お金を借りるまでの期間ですが、
当サイトのランキングでご紹介している銀行や事業者向けローン、大手銀行系カードローン(大手消費者金融)の場合
最短でその日のうちにお金を借りることができるので突然の事業の資金繰りにも対応することは可能です。

 

 

※当サイトでご紹介している銀行カードローンや事業者向けビジネスローンについては
それぞれの項目の詳細はこちらをクリックしていただくと、ランキングのページに飛びますので、それぞれの銀行や事業者向けローンの情報をご覧ください。
お金を借りる際の実質年率や利用限度額・審査時間・融資スピード・担保・保証人について・来店不要で申し込みができるのか?などの詳しい情報をまとめています。

 

 

>>銀行カードローン・事業者向けローン・大手銀行系カードローンのランキングはこちら<<

 

銀行からお金を借りる方法 事業ローン・借入を!

銀行からお金を借りる方法,事業

 

 

銀行からお金を借りる・ビジネスローン情報

 

銀行でお金を借りる場合、使用用途として事業の資金に使うことは禁止されているケースがあります。
しかし、生活費を事業に回していて、生活費の補てんのためにお金を借りるというのであれば何の問題もありませんね。
また、事業資金として使うお金を借りるのであれば他には、ノンバンク系事業者用のビジネスローンや大手消費者金融、公的融資などを利用する方法があります。

 

手軽に短期間、少額のお金を借りるということであれば大手消費者金融(大手銀行系)を利用するという手もありますし、借りる限度額が大きい場合は事業者向けビジネスローンもあります。(事業者向けビジネスローンは総量規制の対象外のため大きい額のお金を借りることも可)
また、事業者向けローン(ビジネスローン)は自営業や会社の役員を対象としているため、お金をかりるための審査に関しては他のカードローンに比べて比較的やさしいとも言えます。

 

【ビジネスローンローン情報】

ビジネスローン名称 金利 利用限度額 審査まで 融資まで 特徴  
オリコCREST for Biz(クレストフォービズ) 6%〜18% 最高300万円     担保・保証人不要総量規制対象外の借り入れ可  
MRF(エムアールエフ) 4%〜15% 最高3億円 最短25分 数日 様々なプランを用意・来店不要  
オーナーズセレクトカード(新生銀行グループ) 13.0%〜18.0% 最高300万円 最短即日 最短即日 総量規制の対象外無担保無保証  
ビジネスパートナー 9.98〜18.0% 500万円 最短即日   総量規制の対象外無担保無保証(法人の場合は代表者の連帯保証が必要)
セゾンファンデックス「事業コース」 6.5%〜17.8% 500万円 最短即日 最短即日 個人事業主対象  

 

>>銀行・事業者向けローン・大手銀行系カードローンのランキングはこちら<<

 

 

【銀行カードローン情報】

銀行名称 金利 利用限度額 審査まで 融資まで 特徴
三井住友銀行カードローン 4.0% 〜 14.5% 最大800万円 最短30分 最短即日 極度額300万円までなら収入証明不要
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 4.6% 〜 14.6% 500万円 最短30分 最短即日 来店不要・土曜日日曜日もキャッシング可
オリックス銀行カードローン 3.0% 〜 17.8% 最高800万円 最短30分 契約後最短即日 300万以下は所得証明書不要
みずほ銀行カードローン(エグゼクティブプラン・コンフォートプラン) 3.0% 〜 14.0% 最大1,000万円 最短即日 最短即日 限度額200万円までは所得証明書不要
自分銀行カードローン 2.4% 〜 17.5% 800万円 最短即日 最短即日 auユーザー・借り換えは金利がお得になる
イオン銀行カードローン BIG 3.8% 〜 13.8% 800万円 最短即日 新規最短4日 300万円までは所得証明書不要
りそな銀行 りそなプレミアムカードローン 3.5% 〜 12.475% 800万円 最短当日   限度額300万円までは所得証明書不要
ソニー銀行カードローン 2.5%?13.8% 最高800万円 最短60分 最短即日 300万以下は所得証明書不要
新生銀行カードローン レイク 4.5%?18.0% 500万円 最短即日 最短即日 初回は30日間全額無利息で借り入れできる
住信SBIネット銀行 Mr.カードローン 1.89%?7.99% 最高1,000万円 最短60分(仮審査) 最短即日 限度額300万円までは所得証明書不要
千葉銀行 ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス> 4.3%?14.8% 最大500万円 最短当日 最短即日 所得証明一切不要
静岡銀行カードローン セレカ 4.0% 〜 14.5% 500万円 最短30分 最短即日 新規のみ最大45日間の利息キャッシュバック
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 4.9%〜14.5% 500万円     限度額300万円以下は所得証明書不要※個人事業主および法人代表者の方は必要
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 2.5%〜18% 最高1,000万円 最短60分   初回は30日間全額無利息で借り入れできる
常陽銀行カードローン<キャッシュピット> 7.8%〜14.8% 最大500万円 最短60分 最短即日 所得証明不要
北海道銀行カードローン ラピッド 2.0%〜14.95% 最高800万円 最短15分 最短即日 北海道銀行の口座がなくても当日の融資可能
足利銀行 あしぎんカードローン Mo・Shi・Ca(モシカ) 5.8%〜14.8% 最大500万円 最短当日 最短翌日振込 年収が低くてもOK・収入証明一切不要
北洋銀行カードローン スーパーアルカ 1.95%〜14.7% 1,000万円 最短15分 最短即日 500万円までは所得証明書不要
セブン銀行 15% 50万円 最短10分   10万円、30万円、50万円から選べる利用限度額
スルガ銀行カードローン リザーブドプラン 3.9%〜14.9% 最大800万円 最短即日 最短即日 所得証明不要

 

>>銀行・事業者向けローン・大手銀行系カードローンのランキングはこちら<<

 

 

銀行からお金を借りることについてのメリットなど

銀行からお金を借りることのメリットは、

  • 総量規制の対象外なので年収の三分の一以上の多額のお金を借りることができる(借り換えにも便利)
  • 低金利でお金を借りることができる
  • 安心感・信頼性が高い

ということです。

 

 

消費者金融などではお金を借りる際には賃金業法の総量規制により年収の三分の一までしか借りることができません。
しかし銀行は総量規制の対象ではないために、まとまったお金を借りることが可能になるのです。
当サイトの銀行カードローンランキングや上記の銀行情報にも記載していますが,銀行により違いがありますが、最大で1000万円までお金を借りることができるのは頼もしい限りですね。

 

逆にデメリットというとお金を借りるための審査が大手の消費者金融に比較すると厳しかったり審査に時間がかかるということが一般的な通説ではありますが、近頃ではお金を借りる際、即日の審査を宣伝している銀行も多く、以前のような銀行からお金を借りるのは時間がかかるというイメージは払拭されつつあるといえるでしょう。

 

また、先述した通り銀行ではほとんどの場合、お金を借りる際の資金使途を事業の資金として利用することは認められていません。
つまり、事業資金として銀行からお金を借りるのであれば、個人の利用としてお金を借りてそれを回すということになりますね。

 

銀行でお金を借りるための条件としては、銀行により違いはありますが、年齢が満20歳以上65歳未満で、日本国内に居住している、安定した収入がある、銀行が指定した保証会社の保証を受けるなどが一般的です。

 

 

>>銀行・事業者向けローン・大手銀行系カードローンのランキングはこちら<<

 

 

 

 

当サイトでは主に事業資金として使うためのお金を銀行その他から借りることについての情報をまとめています。お金を借りるだけの目的であれば銀行の他にも、事業者ビジネスローンや大手銀行系の消費者金融などがあります。銀行からお金を借りる場合は事業者用としてお金を借りる・使用目的がフリーのカードローンに分かれます。銀行のカードローンでお金を借りるには使用目的の制限があるので、お金を借りる審査の際に事業用として申込はできない場合がほとんどですので、事業資金としてお金を借りるのであれば、銀行のビジネスローンやノンバンク系のビジネスローン、消費者金融や公的融資から借りることになります。お金を借りるときには借りる日数、金利、使用目的、担保・保証人の有無、いつまでにお金が必要なのかをあらかじめ明確にしておくことで、銀行を含めどこでお金を借りるのがベストなのかを選択することができます。上記では、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・オリックス銀行・みずほ銀行・自分銀行・イオン銀行・りそな銀行・ソニー銀行・新生銀行・住信SBIネット銀行・千葉銀行・静岡銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・常陽銀行・北海道銀行・足利銀行・北洋銀行・セブン銀行・スルガ銀行からカードローンでお金を借りる際の金利などについて一覧を用意している他、銀行からお金を借りる際の条件、銀行からお金を借りるメリットなどもまとめているので、これから銀行でお金を借りるという際の参考にしていただければと思います。また、銀行からお金を借りる場合、カードローンは使用の制限があることを先述しましたが、銀行から事業用としてお金を借りることももちろん可能です。ただし、銀行から事業用の資金としてお金を借りるには条件が大変高く簡単には借りることができないという事実もあります。実績のないことを理由に銀行からお金を借りることを断られた方も多いのではないでしょうか。事業用として銀行からお金を借りる場合に提出する書類は返済計画を含む事業計画書と決算書が一般的ですが、その返済計画で銀行が融資したお金が返済できるのかを事業内容を見て判断されるためです。埼玉りそな銀行やスルガ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、福岡銀行、東京スター銀行、鹿児島銀行、東京都民銀行、筑波銀行、楽天銀行のスーパーローン(自営業利用可)、静岡銀行、千葉銀行、みずほ銀行の事業ローン、常陽銀行、武蔵野銀行、静岡中央銀行、清水銀行、富山第一銀行、東邦銀行、北陸銀行、西日本シティ銀行、宮崎銀行、千葉興業銀行、池田泉州銀行、山陰合同銀行、滋賀銀行、長野銀行、三重銀行、四国銀行、福邦銀行、名古屋銀行、福岡銀行、紀陽銀行、仙台銀行、沖縄銀行、足利銀行北日本銀行、北洋銀行、広島銀行、鹿児島銀行、青森銀行、高知銀行、新生銀行、横浜銀行、山形銀行、愛媛銀行、みなと銀行、岩手銀行、熊本銀行、新銀行東京、山口銀行、北越銀行、京葉銀行、親和銀行、近畿大阪銀行、琉球銀行、みちのく銀行、伊予銀行、第三銀行などほとんどの銀行では事業用としてお金を借りることも可能です。

 

 

【PR】
車の買い替えで下取り車を高く売るためのポイントのまとめ

北海道には多くの店舗がありますが相見積りをとるのが基本です
http://xn--fiqv1lgb537eyykn18cgbd.net